スルー

今やっている「洩天機」最終巻の書き下しについて、相談しました。
ほぼ、自分の考え通りで、中国人の解釈が間違っていました。

やはり…というべきか、先人は、読みにくいものをスルーして読んでいます。受験でいうと、難解な個所を赤本がスルーしているようなものです。
勉強することの一つの重大な意義は、 「偉い先生も、不倫調査 山梨自分と同じような精神構造をしていて、決して超人ではない」 ということを実感することにあるでしょう。 苦しかった三首は、これで乗り越えました。 次は、今書いている論文のための、同性愛の文献を発見することです。
ぼくは、異性愛者ですから、良くいえば、この問題は、客観的にとらえられるのですが、 明治~戦前 にかけて、同性愛がとくに貶められています。 戦争と天皇制家父長主義の影が落ちています。
ここで、天皇制というのは、明白なところです。 将軍が小姓を寵愛した話は、山のようにあります。天皇は? ありませんね。