ナイアシン

汗疱状湿疹(汗疱)とは手のひらや足裏、または指の隙間などにブツブツの水疱が出る症状で、基本的には汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出現すると足水虫と早とちりされるケースもままあります。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならヒトをがんから保護する役割を持つ物質を産出するための型みたいな遺伝子の異常で罹患する病気です。
酒類に含まれるアルコールを分解する力があるナイアシンは、ゆううつな宿酔に大変有効です。ゆううつな宿酔の因子だといわれている酢酸アルデヒドという化学物質の無毒化にも力を発揮します。
手ごわいインフルエンザに対応する予防方法や治療方法というような原則施される対処策は、季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほぼ変わりません。
HIV(human immunodeficiency virus)を含んだ血液、精液をはじめ、唾液、母乳、腟分泌液といった類の体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに触れることにより、感染のリスクが大きくなります。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、身体のなかの脂肪の占有している比率を指しており、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(キログラム)×100」という計算によって算出されます。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常が要因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌異常の要因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの乱れ、ビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が関わっているのです。
メタボリック症候群とは診断されていなくても、内臓脂肪が多めに付いてしまう手合いの体重過多が存在することに縁って、辛い生活習慣病を発症する可能性が高まります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目が覚めている状態で生命活動を保つ(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持等)ために外せない理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指します。
一般的には骨折に至らない位の僅かな圧力でも、骨のある決まったエリアだけに繰り返して次から次へとかかることにより、骨折してしまう事もあり得ます。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失われてしまった後に販売され、新薬に等しい成分で金銭的な負荷の小さな(薬の金額が安価な)後発医薬品そのものです。
収縮期血圧140以上の高血圧が長引くと、血管に強い負担がのしかかり、頭のてっぺんから足の爪先まで色々な場所の血管にトラブルがもたらされて、合併症を招いてしまう割合が拡大します。
多くの人に水虫といえば足を連想し、こと足の裏に発症する病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけということはなく、人の体ならどの部分にも感染してしまうという恐れがあるので気を付けましょう。
マスクが欠かせない花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を発症させる病気だということは、今や常識となりました。
緊張性頭痛というのは肩凝りや首の凝りから生じる最も多いタイプの頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛さ」「ズシッと重苦しいような耐え難い痛さ」と表現される症状が特徴です。