中身に触れられていない。

話の中に、社会保障費の増加で高齢者が悪いかのように言 われるが、それは「子供を産まないのが悪い」とは言っていました。  

ナチスの時にも同じような事がありましたが、これを批判するのはただ言葉だけであって、中身に触れられていない。言葉だけをとって大々的に問題 かのようにしているが、それは少々文章理解能力が無さすぎるのではないのかな。ましてや、不倫調査 山形本人がその後に「子供を産みたくても産めないのが問題だという趣 旨だった」発言しているのに、それは無視しているのがまた問題でしょうよ。  
確かに、私も麻生副総理兼財務大臣の発言はきつすぎるとは思います。しかし、前後の文章をよーーーく読めば何が言いたいのか解りますし、さして 騒ぐものではなくなりましたよ。
でも、一応ダメだしするなら、麻生副総理兼財務大臣は後の釈明で日本の少子化、特に産みたくても産めないという現状が解っ ているのであれば、副総理兼財務大臣という立場からその現状の改善に向けてメスを入れてもいいのではないかなと思う。