早合点

めまいが診られず、長く続く耳鳴りと難聴の2つの症状を幾度も繰り返すタイプのことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」というような事例もよくあります。
昨今、若い世代で感染症の一種である結核に対抗できる免疫(抵抗力)を保持していない人々が増えていることや、早合点のせいで受診が遅れることが素因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えています。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファンというブロッコリーに含まれている物質が、肝臓が持っている解毒酵素の機能的な生成活動を支えているのではないかという因果関係が見えてきたのです。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が無いのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で一時的に増減する場合は、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上がるのです。
「肝臓の機能の低下」は、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値によって診ることができますが、特にここ2、3年肝臓の機能が落ちている人数が明らかに増加しているということが判明しています。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を想像し、中でも足指の間にできる皮膚病だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足に限定されているわけではなく、人の体ならどの部分にも感染してしまう恐れがあります。
スギ花粉症などの症状(鼻みず、酷い鼻づまり、クシャミ等)のために夜しっかり眠れないと、それが誘因で慢性的な睡眠不足となり、翌朝からの業務内容にダメージを与えることもあるのです。
グラスファイバーで作製されるギプスは、強靭で重くなくて長期間使うことができ、水に濡れても大丈夫という利点があるため、現在採用されているギプスの中でも主流だと言えるでしょう。
流行性感冒、即ちインフルエンザに適応した予防するための方法や医師による治療など、このような原則的な措置というものは、それが例え季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザでも同じなのです。
折り目正しい穏やかな生活の継続、腹八分目の実践、自分に合ったスポーツや体操など、アナログとも言える健康に対する思いが老化対策にも活用されるのです。
道路交通事故や建築現場での転落事故など、とても大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の場所に骨折が齎されたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、重症の場合は内臓が損壊することもあるのです。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら体をがんから護る働きをする物質を作り出すための金型のような遺伝子の異常により発生してしまう病気だと考えられています。
過飲過食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、高齢化といった多様な因子が絡むと、インスリン分泌が減ったり、働きが鈍くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病することになります。
男性だけにある前立腺という臓器はその生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても大きく関連しており、前立腺に出現した癌も同じく、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の作用で成長してしまいます。
「とにかく忙しい」「上っ面だけの様々な人間関係が嫌でたまらない」「テクノロジーや情報の著しい進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスが溜まるシーンは一人一人違うようです。