納得できる奨学制度

アメリカのように、文系の一年の授業料300万でも、奨学金が充実していればいいと思います。
35歳年収三千万の人には、年に一千万、五年間返済させ、

200万の人は免除するなど、ちょっと乱暴ですが、何らかの納得できる奨学制度があっていいと思います。(例の方も、もしもよろしければという仮定の話ですが、葬儀 千葉コメントを頂戴できると幸甚です)「大学はいかなる場であるべきか」という問いは、わざわざ「場」という語を入れました。
あおれは大学というものが単なる「構造」ではないと思うからです。
「学問の府」というならば、その立地や環境、社会的立場も重要だと思うからです。単に「知識を教える場」ではないはずです。ですから私が考えるのは大学に限らず、全て教育機関は社会の中で「特権的地位」を与えられるべきだと思います。それは査察を受けないとか批判されないという意味ではなく、「特権的地位に相応しくある」義務を負うという意味でです。