脂肪

ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を抑制する、食事を飛ばす、等の生活を続けると結果的に栄養をも不足させ、慢性的な冷え性を招いていることは、頻繁に問題視されていることなのです。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、全身の脂肪が占有している率で、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式で把握できます。
不快な耳鳴りには当事者しか聞こえないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人と他の人にも精度の高いマイクロホンを利用すると聞けるらしい「他覚的耳鳴り」があります。
インフルエンザ(流感)に合った予防するための方法や処置も含めた基礎的な対処策そのものは、季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほぼ変わりません。
筋緊張性頭痛は肩こりや首こり、張りから生じる患者数が多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重苦しいような酷い痛さ」と言い表されます。
メタボリック症候群とは診断されていなかったとしても、臓器の脂肪が付いてしまうようなタイプの体重過多に陥ることにより、様々な生活習慣病を招きやすくなります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最もよくある中耳炎で比較的子供に多く起こる病気です。耐え難い耳の痛みや38度以上の発熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などが出現するのです。
下腹の疼痛の元凶となる疾患には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮の疾患など、色々な病名が挙がるようです。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動がなく、体重が食事や排尿などによって一時的に増減するような時には、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減った方は体脂肪率が上昇することがわかっています。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大体において腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状がみられる位で済みますが、細菌感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・繰り返す嘔吐・下痢と同時に38℃以上の高熱が出るのが違いだといえます。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上は股部白癬と呼び、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に感染し、棲みついた感染症であり水虫です。
花粉症の病状(鼻みず、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが素因になって睡眠不足の状態に陥り、次の日起床してからの業務に芳しくないダメージを及ぼすこともあります。
吐血と喀血、どちらも口からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺に達している気道(呼吸器…respiratory system)から血が出る症状で、吐血というものは十二指腸より上部にある食道などの消化管から血が出る状態を表します。
ヒトの耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に分かれていますが、中耳のところに黴菌やウィルスが付き、炎症が誘発されたり、体液が滞留する病気を中耳炎と呼びます。
塩分と脂肪分の摂取過多は控えて自分に合った運動に励むだけでなく、ストレスを感じすぎないような日常生活を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を予め予防する方法だといえます。