選手の誰々

ウナギが一般に広まったのは江戸時代。当時は筒切りにして串にさして直火で焼いて塩を振って食べる。
大変油ギッシュで不評。 かば焼きが確立された今でも油ギッシュに閉口する人はいる。

そんな時は、ご飯を酢飯にしたりキュウリやシソ、茗荷などを入れて工夫すると最後まで食べられる。私自身は「なでしこジャパン」こと女子サッカーの一連の優勝騒動に何の興味もないのが実情だ。 確かに「すごいな」とか「お疲れ様」ぐらいは思うが、選手の誰々がどうしたとかの情報は正直、無意味とすら思っている。 しかし、周囲やテレビは盛り上がっている。
それに関してもあまり興味もないし同調もしない。 昨今の暗いニュースばかりの日本で久方ぶりに何の遠慮もなく喜べることは悪いことではないし、私からすれば羨ましい。 ただ、為政者がお祭り騒ぎのようになるのには、眉をひそめる。 本件の石原都知事にしろ、菅総理やレンホウ議員にしろ、「そんなに騒ぐほどあんさんらは彼女たちに興味持っていたの?」と言いたくなる。