面白い小説や漫画がある

舞台俳優たちももっと、積極的にテレビに出るべきだ。
日本には、まだまだ様々な面白い小説や漫画があるし、

面白いアイディアを持っているシナリオライターなども多数いるはずだ。
金がないなら、工夫すればいい。 現在公開中の『モンスターズ』なんてわずか130万円で製作されている。 逆に韓国に日本のドラマなどを売り込むぐらいの気勢が欲しい。 一流の表現者は言葉にしない。 その代わり、想いを作品にぶつける。
そんな俳優さんや脚本家はいないのだろうか?このニュースを知ったとき。 どこかで見たような気分になった。 そして、思い出した。 2005年に兵庫県尼崎市で起こったJR福知山線による脱線事故だ。 死者107名となる惨事、浮気 証拠加えて車両がマンションにぶつかるという衝撃的な映像によって強い印象を国内外に示した。 警察は元より、メディアなども原因究明になり連日専門用語の飛び交う鉄道オタク状態になった。
様々な原因が問われ、その中で『日勤教育』という非人道的な行為が日常化されていたのも世間に知れ渡るようになる。