風俗

当時の世相も分るが、男女の交流もまだまだ牧歌的に感じる。

今では殺伐としていてろくに世間話も出来やしないのが実情だからその方面に関心のある人じゃないと面白くなさそう。

120頁ほどの短い浮気 無料相談作品だから読み易いが、例によって時代背景やアテ字が多いので慣れないと読むのに難儀する感じ。
今は向島にお茶屋はあるが、私娼は無いことになっているのでどんな感じか想像するしかない。
明らかに違うのは今では「風俗」と言う名に変わったが、昔からある職業だしこの手を題材にした本は多い。

小説は読まないことにしていたが、実に10年ぶりくらいに小説を読んだかな。

サブの母ちゃんから〝ウサギの勉強をしろ!〟と言うので借りたと言うかウチに置いていった本。
ウサギについてアレコレと書かれているが、飼い主ではないので無責任に読んだ。
コチラは時々、ウサギを弄くって遊ぶだけなので専門的にウサギのことを勉強するつもりもよていも無いのだが、一気に読了。

ウサギと言うのは本来、穴を掘る生活になっているので昼間は寝ているのは知っていたが目を開けながら寝るとは。
忍者並みだな。
生活のためとはいえ、色々な術を身に着けているようだがサブにもよつばにも当て嵌まらないような気がするがどう言う訳だ。

ヒマ潰しに読んでいるには丁度良いと思うが、余り頭に残らない。